ブラリ散策に役立つ「新大久保の歩き方」(再読版)




ホームが深い東新宿駅

一般的に職安通りというと、JRのガードから明治通りまでの距離をさすのだろう。右に向かうとJRのガードで、左へ行けば明治通りだ。今はその中間地点あたりか。
職安通りを左に行ってみる(方角は東)。JRのガードとは反対の方角だ。3分ほど歩くと「韓国広場」の前に出た。
この界隈でも特に有名なスーパーマーケットで、ソウルの店に来たと錯覚するくらいに、韓国の商品であふれかえっている。
ここではキムチ、インスタントラーメン、韓国海苔、焼酎、マッコリなどが豊富にそろっているので、店を出るときは袋を手にたくさん持つことになる。それほど大量に買い込みそうだ。




職安通りに行くなら、この東新宿駅も近いのだが、とにかくプラットホームが深くていくつもの階段を下りていかなければならない。この駅を利用するなら、階段が多いことを覚悟しなければならない。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

新大久保に来るとなぜこんなにウキウキするのか

チャン・グンソクを初め韓流スターは新大久保が大好き!

新大久保で韓国コスメを買う前にこれだけは知っておきたい!

キムチを入れるとチーズタッカルビが本当においしい!

ページ:
1 2

3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る