パク・ボゴムが『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨンを魅力的に分析!

本当に素敵な人物

イ・ヨンというキャラクターはドラマの進行につれて成長を遂げていた。
それは、パク・ボゴムが、イ・ヨンというキャラクターをゆっくりと育てていた部分もあった。
「イ・ヨンという人物は、置かれた状況に応じて、出会う人々に対する接し方が少しずつ変化していきます。そのあたりをうまく演じ分けられるように気を付けていました」
イ・ヨンを演じるにあたりパク・ボゴムは重圧を感じた。それでもパク・ボゴムには大きな充実感があったという。




「イ・ヨンは若い年齢で世子になって後に王になる人物なのですが、その若い年齢で非常に大きな責任感や重圧感を背負っていたということです。本当に素敵な人物だということを感じました」
いずれにしても、パク・ボゴムがイ・ヨンを演じたことが『雲が描いた月明り』の大ヒットにつながったことは間違いない。

文=「ヨブル」編集部

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子)の「駆け抜けた人生」

イ・ヨン(孝明世子)の劇的な人生を振り返る!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の最期とは?

イ・ヨン/孝明世子(ヒョミョンセジャ)をめぐる歴史的背景とは何か?

パク・ボゴムが演じたイ・ヨン(孝明世子〔ヒョミョンセジャ〕)の人生!

パク・ボゴムが『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!

ページ:
1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る