誰もが発信できる第3次韓流ブームの拡散力が凄い!

 

今や韓流ブームの象徴的な場所になったのが東京の新大久保だ。ここには歩道からあふれるほどの人が集まり、今まさに韓流のトレンドを楽しんでいる。そこまでファンが増えたのは、SNSの効果が大きい。




新世代のグループが人気

韓流ブームには3つの段階があったと分析されている。
たとえば、『冬のソナタ』の放送から始まった2003年頃からの人気が第1次、東方神起と少女時代とKARAが目立った2011年頃のK-POPのブームが第2次、そして、BTS(防弾少年団)を初めとする新世代のグループが人気を得ている現在が第3次というわけだ。
この第3次韓流ブームの勢いが凄まじい。
新大久保には、韓国のおいしい料理を食べて韓流グッズを求めるファンが大勢駆けつけて、テレビのワイドショーが繰り返し新大久保の賑わいを伝えている。
政治的には日韓関係が悪化しているのだが、新大久保にいると、「むしろ日韓は文化的に近くなったのでは?」と思える。




なんといっても、BTSやTWICEなどの活躍が大きかった。
おかげで、K-POPに惹かれた若い人たちが新大久保に押し寄せ、チーズタッカルビや韓国風ホットドッグが大人気となった。
(ページ2に続く)

絶対に行ってみたい新大久保の特選人気店はどこ?

ブラリ散策に役立つ「新大久保の歩き方」

チャン・グンソクを初め韓流スターは新大久保が大好き!

新大久保に来るとなぜこんなにウキウキするのか

日韓関係の悪化も関係なし!今日も新大久保は大賑わい

チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る