誰もが発信できる第3次韓流ブームの拡散力が凄い!

プラスのエネルギー

今や韓流は「ブーム」ではなく、日本の大衆文化の中で「ジャンル」として定着してきたと言える。
「ブーム」なら一過性なのだが、「ジャンル」となれば根強い人が支えていて、そう簡単に衰退することはない。そういう意味で「第3次」を支えているファン層は固い。
さらに、K-POPでは次々と新しいスターグループが誕生しているし、ドラマの分野でも企画力に優れた作品が放送されている。




何よりも、新しい韓流ブームを支えている人たちには行動力がある。実際、日本から韓国に行く人がとても増えていて、その人たちが韓国発の情報を伝えてくれる。
それがSNSでまたたくまに拡散し、さらに韓流に興味を持つ人が増えている。
このように、新しい韓流ブームでは、SNSによって情報が飛躍的に広がっている。そこにはマイナスなものもあるのだが、プラスのエネルギーが凄いので、結果的に韓流はパワフルになった。
多くの人の発信力が支える第3次韓流ブームは、さらにファン層を広げていくだろう。

構成=「ヨブル」編集部

絶対に行ってみたい新大久保の特選人気店はどこ?

ブラリ散策に役立つ「新大久保の歩き方」

チャン・グンソクを初め韓流スターは新大久保が大好き!

新大久保に来るとなぜこんなにウキウキするのか

日韓関係の悪化も関係なし!今日も新大久保は大賑わい

チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか

ページ:
1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る