慈愛の金万徳(キム・マンドク)/朝鮮王朝美女列伝5

 

済州島(チェジュド)の貧しい家に生まれた金万徳(キム・マンドク)は、優しい両親と弟に囲まれ、幸せに暮らしていた。しかし、12歳の時に両親は他界。残された姉弟は、別々の家で小間使いとして暮らすことになった。金万徳はどのような人生を歩んだのでしょうか。

金万徳が興した事業

15歳になった金万徳は美しい娘に成長し、やがて済州島で妓生(キーセン)になる。美しい容姿の彼女は、訪れる役人たちが先を争って指名するほどの人気を集めた。
妓生生活で給金を貯めた金万徳は、離れて暮らす弟を引き取り、事業を興す準備を始めた。彼女は、妓生時代に、本土の金持ちは健康長寿のためなら高い金も惜しまないと聞いていて、漢方薬の商売を始めようと考えた。そこで目を付けたのは、済州島の漢拏山(ハルナサン)に多く生息する鹿。当時、“鹿の角”は高価な漢方薬の素材として知られていた。




金万徳の予想はみごと的中。彼女はさらに事業を拡大し、“薬草栽培”“材木の売買”“海産物の貿易”に手を伸ばし、大金持ちとなった。
(ページ2に続く)

妖艶な黄真伊(ファン・ジニ)/朝鮮王朝美女列伝1

絶賛の敬恵(キョンヘ)王女/朝鮮王朝美女列伝2

実直な淑嬪・崔氏(トンイ)/朝鮮王朝美女列伝3

絶世の張禧嬪(チャン・ヒビン)/朝鮮王朝美女列伝4

傑作時代劇で知られる超有名な「5人のヒロイン」とは?

国王よりも強かった「女傑の五大王妃」は誰か?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る