『トッケビ』からずっとコン・ユとイ・ドンウクの友情が続く!

 

俳優のイ・ドンウクは2019年12月4日に放送予定のSBSの番組「イ・ドンウクはトークがしたくて」のホストを務めるが、ゲストとしてコン・ユが登場することが明らかになった。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




絶妙なアドリブ合戦

12月4日に放送予定の「イ・ドンウクはトークがしたくて」は、済州島(チェジュド)で収録が行なわれたが、ホストのイ・ドンウクと一緒にコン・ユも撮影に加わっているという。
イ・ドンウクとコン・ユといえば、ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』で絶妙な掛け合いを演じた2人だ。
同ドラマの撮影時に2人は台本にないアドリブを連発した。
当時の様子をコン・ユがこう振り返る。
「イ・ドンウクさんは、いつもアドリブをきちんと返してくれるから、とてもありがたかったです。撮影現場であんなに笑いながら演じたのは初めてです。イ・ドンウクさんは本当に瞬発力があって、最高の相手と思えるほど、打てば響いてきます」
ドラマを見ていても、コン・ユとイ・ドンウクの相性の良さが存分に感じられた。
そんな2人は、『トッケビ』の放送のあとも素敵な付き合いを続けている。




たとえば、コン・ユがイ・ドンウクにコーヒーのケータリングカーを提供すると、今度はイ・ドンウクが映画『徐福』の撮影現場にコーヒーのケータリングカーをプレゼントしている。
このように『トッケビ』の撮影後も友情を育むコン・ユとイ・ドンウク。そして、今度はイ・ドンウクのホスト番組でのトークが実現した。
絶妙なアドリブ合戦ができる2人。このトークショーも笑いが絶えないものになっていることだろう。

文=「ヨブル」編集部

『82年生まれ、キム・ジヨン』で絶賛されているコン・ユの演技!

コン・ユが『トッケビ』について語った大胆な発言に注目!

俳優魂が覚醒したコン・ユの新たな演技スタイルとは?

『82年生まれ、キム・ジヨン』でコン・ユの出演場面が増えた理由とは?

コン・ユ主演の映画を半年間に2本も見られるのは幸せ!

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る