言い争う場面が極端に多いのが韓国ドラマ!

 

韓国ドラマでは激しく言い争いをする場面が本当に目立つ。あるいは、あまりにヒステリックな場面が多い。ときには、見ていて疲れてしまい、思わずテレビを消したくなることもある。なぜ韓国ドラマには言い争うシーンが多いのか。




対立から接点を見いだす

相対的に見ても、韓国ドラマは日本のドラマよりもはるかに言い争いの場面が多い。愛憎劇だけではなく、甘いラブロマンスやコミカルなホームドラマでも、登場人物たちは自分を強く主張して、相手と激しく言い争う。
演じている俳優たちも、しょっちゅう血圧が上がって大変だ。しかし、シナリオに書いてあるから怒った演技をしないわけにはいかない。
日本のドラマは、ここぞと言うときに恋人たちがもめたりするが、普段はどなりあったりしない。
むしろ、言いたいことはあっても、グッと心に呑み込んでしまう場面が多い。感情を出さずに耐え忍ぶ姿が、むしろ視聴者に余韻を残すのである。
あるいは、どなりあって感情をぶつけすぎる場面は視聴者に不快感をもたらす、と考えている脚本家が日本に多いかもしれない。
しかし、韓国の人たちは人間関係において対立をあえて避けようとはしていない。自分が言いたいことを我慢するのが一番のストレスだ、ということをよく知っていて、できるだけ自分の主張をアピールする。




その結果、たとえ相手と対立したとしても、それによって考え方の違いが明らかになって、かえって折り合う接点を見つけやすくなる。
(ページ2に続く)

ドラマの主人公は現実離れしているほうが魅力的!

韓国の芸能界で不祥事が多くなってきた原因とは?

芸能人が不祥事を起こさないために必要なことは?

韓国のテレビ局はどんな経緯で3大地上波になったのか

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る