これから『雲が描いた月明り』を見る人のための歴史ガイド!

実在の人たちが次々に登場

イ・ヨンの父親となっている国王は純祖がモデルになっている。
ドラマで国王は政治の主導権を高官に奪われているが、歴史上でも純祖は政治の主体性を発揮できなかった。そういう意味では、ドラマが現実を大いに反映していた。
なお、『雲が描いた月明り』ではイ・ヨンが幼いときに生母が亡くなっている設定になっているが、この点は史実と違う。純元王后は孝明世子が亡くなったあとも27年間生きていたのである。




『雲が描いた月明り』には、国王より権力を持った存在として領議政(ヨンイジョン)が出てくる。
この領議政は官僚の最高峰であり、現在で言えば総理大臣に該当する。
ドラマの中の領議政は、実在した金祖淳(キム・ジョスン)をモデルにしている。
金祖淳は純元王后の父親であり、自分の一族で政治を牛耳った際の元締めであった。こうした人物像を『雲が描いた月明り』では巧みに生かしている。
さらに、ドラマの後半にはホン・ギョンネという反乱の首謀者が登場する。このホン・ギョンネがホン・ラオンの父親という設定だったが、この男のモデルは洪景来(ホン・ギョンネ)である。1811年に反乱を起こして殺害されているのだが、この洪景来をドラマでは存分に甦らせている。

文=「ヨブル」編集部

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

まだ見てなければ絶対に見ておきたい『太陽の末裔』

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

 

ページ:
1

2

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る