どの時間帯に運動すれば効率的に体脂肪を燃焼させられるか?

 

同じ運動量でも、体脂肪の燃焼量には差が出る。より効果的に減量できるのなら、ぜひその時間帯を選びたいものだ。ズバリ言えば、それは朝食前である。1日のうちで朝食前の時間帯が運動エネルギーとして脂肪を使う割合が最も高いのだ。

空腹のほうが脂肪を減らせる

人間が運動時に活用するエネルギー源はグリコーゲンと脂肪だが、このどちらをより多く使うかは食前か食後かによっても違ってくる。
食後4時間以内の場合はグリコーゲンが主に使われて脂肪の出番は少ない。




逆に空腹になってくると、満を持して脂肪の出番となる。人間が最も食事から遠ざかっているのは起床してから朝食までの間だから、この時間帯に運動をするのが一番脂肪を燃やすことができる。
データによると、1時間の平均的なランニングによる脂肪燃焼量は、夕食後の夜間が18グラムなのに対し、朝食前は28グラムと約1・5倍にもなる。
この10グラムの差は大きい。(ページ2に続く)

体脂肪を減らすには有酸素運動がいい

いま始める!「快適ダイエットの7つの習慣」

健康な毎日には食生活の改善が必要!

キノア(Quinoa)とは何か/ダイエットに活用できるスーパーフード

ページ:

1

2

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る