悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

孝明世子(ヒョミョンセジャ)

3人目は、孝明世子(ヒョミョンセジャ)である。
孝明世子といえば、パク・ボゴムが主演した『雲が描いた月明り』の主人公であったイ・ヨンのモデルとなった人物だ。
1809年に生まれた孝明世子は、頭脳明晰で容姿も端麗だったと言われている。今でいえば、パク・ボゴムのイメージにピッタリだ。
息子の才能を大いに買った父親の23代王・純祖(スンジョ)は、孝明世子が18歳のころから政治を代行させた。




その期待に応えて、孝明世子は人事面で手腕を発揮し、芸術振興や王室の儀式の改善などに力を尽くした。
「国王になればどんな名君になるだろうか」
周囲がそのように期待したが、わずか21歳で血を吐いて急死してしまった。
彼がもし国王になっていれば、朝鮮王朝の停滞した政治を大いに改革して、見事な成果を発揮したはずだ。
しかし、孝明世子の急死によってその後の王位継承は混乱し、朝鮮王朝は衰退せざるを得なかった。孝明世子の死は、朝鮮王朝にとっても本当に痛手だったのである。
こうして見ても、昭顕世子、思悼世子、孝明世子の3人は、朝鮮王朝の歴史の中でも「悲劇の三大世子」と言えるだろう。

仁祖(インジョ)!弟の復讐を果たして即位

思悼世子(サドセジャ)!米びつで餓死した王子

英祖(ヨンジョ)はイ・ソン(思悼世子〔サドセジャ〕)に自決を命じた!

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

イ・ヨンは祖父のイ・サンのような名君になる素質があった!

ページ:
1 2

3

関連記事

各ジャンルの紹介

本サイトは以下のようなジャンルに分類されています。左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの分類〕
●オススメ記事
●韓流
・韓流スター
・トッケビ
・ドラマ
・兵役
●ヘルシー
●ビューティー
●グルメ
●韓国時代劇の人物
●歴史
・日本の歴史
・韓国の歴史
●旅行/エッセイ
・旅行
・散策
・ワガマ散歩
・恋愛博物館
・黒猫ミネット日記
●編集部

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る