チャン・グンソクが寄付した練炭のあったかい話!

 

早朝にKBSニュースを見ていたら、ソウルの寒さが極端に厳しいことが報じられていた。そんな映像を見ていると、「暖かい場所にいたいなあ」と考えてしまう。そこで思い出したのが、チャン・グンソクが寄付した練炭のことだった。




チョッパンの意味は?

チャン・グンソクは現在も兵役中でソウル消防災難本部で社会服務要員として代替服務を行なっている。
その彼が12月1日、ソウル社会福祉共同募金会を通じてソウル市立永登浦(ヨンドゥンポ)チョッパン相談所に1万3000個の練炭を贈った。
兵役中でも慈善活動を欠かさないのがチャン・グンソクらしいが、寄付したものが「練炭」ということに特別な意味を感じる。
従来から、練炭は冬の韓国に欠かせないものだった。
特に、韓国の冬には床暖房のオンドルが必須だが、このオンドルにはずっと練炭が使われてきた。
経済成長をとげた今では、ボイラーを設置してオンドルを使っている家庭が多くなったが、経済的な問題でまだ必要としている人たちはいる。




チャン・グンソクが練炭を贈った相手先のチョッパン相談所というのは、低所得者向きの福祉活動をしているところだ。
この「チョッパン」というのは韓国語で「狭い小屋」を意味している。
(ページ2に続く)

チャン・グンソクはソウル消防災難本部でどんな毎日を過ごすのか

チャン・グンソク!「新兵訓練より研修」は兵役の適切な始まり

チャン・グンソクが兵役入り!かつての韓流四天王の兵役は?

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

チャン・グンソク!兵役までの第1部ストーリー(前編)

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る