2019年の韓国の旧正月は2月5日!

 

韓国で旧正月や秋夕(チュソク/旧暦の8月15日で旧盆のこと)の朝に行なわれるのが茶礼(チャレ)である。言葉には「茶」が入っているが、実際には先祖に対して「酒」と「ご馳走」を捧げる儀式である。

地上に戻ってくる先祖に食べていただくためのご馳走が並ぶ




先祖が地上に戻ってくる

韓国は今でも正月とお盆を旧暦で行なう。
ともに連休となって、故郷に帰る人が多い。必然的に民族大移動となる。
2019年の旧正月は2月5日になる。前後が連休となり、鉄道はのきなみ満席、道路も大渋滞となる。それでも、韓国の人たちは故郷をめざすのだ。
旧正月の日は朝から一族が集まって茶礼が行なわれる。
前日までに一族の女性たちが作っておいたご馳走を祭壇に並べ、旧正月に合わせて地上に戻ってきた先祖たちに、たっぷり食べてもらうのである。
実際に先祖がしっかり食べると想定して、子孫が箸を何度も動かしてご馳走を取る動作を繰り返す。
また、お酒の杯を何度も捧げる。




20分ほどで茶礼の儀式が終わると、先祖に捧げたご馳走を列席者たちでいただく。
この食事会が本当に賑やかだ。美味しい料理を食べて酒も入るので、旧正月にふさわしい華やかな雰囲気になる。
こうして韓国の人たちは身内との結束を固めていくのである。

文・写真=康 熙奉(カン ヒボン)

ワカメスープこそ韓国のソウルフードだ!

飲みすぎた身体を立て直す海鮮チヂミを作ろう

寒い時期こそホッカホカのカムジャタンを簡単調理で作ってみる!

チーズがたっぷり入ったプデチゲが旨い!

キムチを入れるとチーズタッカルビが本当においしい!

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る