俳優・歌手・MCで無限の才能を見せるパク・ボゴム!

 

2019年5月1日にソウル市内で「百想芸術大賞」の授賞式が開催されるが、パク・ボゴムがMCを担当する。昨年もMCを務めているので2年連続となるのだが、これも彼の「マルチな才能」を端的に表している。




とても広い活動範囲

「百想芸術大賞」は韓国でも権威のある重要な賞だが、昨年のMCは、著名なタレントのシン・ドンヨプ、若手女優のトップとも称されるペ・スジ、そして、パク・ボゴムの3人だった。
そして、今年の「百想芸術大賞」のMCも、昨年とまったく同じ顔ぶれとなった。3人が大好評だったので、再び「白羽の矢」が立ったのである。
そりにしても、パク・ボゴムの「マルチ」ぶりは驚嘆に値する。
俳優として数々の大ヒット作の主役を務めたばかりでなく、アジア各地でファンミーティングを精力的にこなし、さらに日本では歌手として本格デビューした。
そのうえで、MCとしても実績を重ねて、主要な授賞式をまかされるようになった。




パク・ボゴムほど才能がマルチに発揮されていく逸材も韓国芸能界にそれまでいなかったほどだ。
とにかく、活動範囲がとてつもなく広い。
その中でもやはり、「本職」と呼べるのが俳優だ。
今年の5月からは映画『徐福』の撮影が始まる。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムが『徐福』で韓国映画の新ジャンルの開拓に挑む!

映画『徐福』でマルチな才能を開花させるパク・ボゴム!

何度見ても『雲が描いた月明り』のパク・ボゴムは最高だ!

パク・ボゴムの謙虚さを見ていると誰もが応援したくなる

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは当代随一の当たり役!

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

ページ:

1

2

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る