イ・ジュンギ『TWO WEEKS』の日本版に主演した三浦春馬の発言が秀逸!

 

イ・ジュンギが『TWO WEEKS』に主演したのは2013年のことだった。韓国MBCで2013年8月7日から9月26日まで全16話で放送されており、イ・ジュンギが精悍なイメージを印象づけて俳優としての多様性を示していた。




すばらしい受賞スピーチ

『TWO WEEKS』はイ・ジュンギの演技が評価されてヒットし、最高視聴率も11.5%を記録した。
このドラマはタイトルの通り、1日の出来事が1話ずつ描かれていた。その展開でストーリーが進んでいくのだが、イ・ジュンギがかもしだす緊張感がハンパではなかった。それは、今も語り種になるほどだ。
その『TWO WEEKS』が6年ぶりに日本でリメイクされた。それがフジテレビ系で2019年7月16日から放送された『TWO WEEKS』(毎週火曜日午後9時)である。
イ・ジュンギが全力で体当たりした役を三浦春馬が堂々と演じている。
その三浦春馬が韓国で行なった発言が話題になっている。
彼はソウルで8月28日に開催された『2019ソウルドラマアワード』でアジアスター賞を受け、英語でこうスピーチした。




「受賞することができて、とても光栄であり喜びです。私にとっても大きな意味がある受賞です」
「エンタテインメントには人々を連結する力があると考えます。隣国として私たちはときどき難関にぶつかることがあります。しかし、お互いにもっと理解しようと努力すれば、この難関を解決できると信じます。今後も作品活動を通じて、日韓およびアジアの国々の絆を深める上で寄与したいと思います」
「この場所で受賞することができて、より一層、韓国の皆さんへの愛情と尊敬を感じました」
すばらしいスピーチだった。
現在は日韓関係が政治的に悪化しているが、その中で「韓国の皆さんへの愛情と尊敬を感じました」という言葉が心に大きく響く。

構成=「ヨブル」編集部

『無法弁護士』のイ・ジュンギは最高だ!

イ・ジュンギがインスタで「宇宙をぶち壊すようなテンション」と言った真意は?

『無法弁護士』のイ・ジュンギ!視聴者の期待以上のものを見せてくれる

兵役はイ・ジュンギをどのように変えたのか

新人時代に「目標の俳優はいない」と語ったイ・ジュンギの俳優魂は?

イ・ジュンギが影響を受けた「ブラックリスト問題」の本質とは何か

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る