カテゴリー:ライフ

  • カエルと人間の近い点

    目が大きく上に飛び出して愛嬌のある顔のカエルは、とても身近で馴染み深い両生類である。しかし、カエルの容姿や声が好きか嫌いかは様々である。私は田舎の田んぼで、オタマジャクシからカエルに成長する途中の大量…
  • マヨネーズで健康レシピ

    1人あたりの消費量が年間平均5.56本というマヨネーズは、家庭に欠かせない人気の調味料になった。スーパーマーケットの売り場には次々と新商品が並び、テレビコマーシャルも魅力的でとてもおいしそうなのだ。以…
  • 55年前の最も怖かった映画

    小学生時代の春休みや夏休みに、父と弟と3人で映画館に行くことをとても楽しみにしていた。沢山の映画を観たが、最も怖い映画は「大魔神」だった。「大魔神」と聞くと元プロ野球の選手を思い浮かべるかもしれないが…
  • 印象の深い「どぜう鍋」

    夏の土用丑の日には、体をいたわり精がつくものを食べるという目的で、今年もうなぎを食べる人が多いと思う。また「う」のつくものを食べると夏負けしない言い伝えがあり、うどん、瓜、梅干しでも良いらしいのだ。 …
  • 心地よい「ゆらぎ」でリフレッシュ!

    現代は情報が多すぎる環境によって、脳が疲れている人が多いと感じる。脳が疲れると五感がにぶり、ストレスを生んでしまっているようなのだ。そこでストレスの解消法のひとつとして、不安な思考からはなれるために感…
  • スイレンのような人にあやかりたい!

    昨今ガーデニングを楽しむ人はますます増え、フラワーショップには沢山の人が植物を求めてやって来る。植物の美しい姿や香りに癒され、育てることに喜びを感じるからである。そして植物が好きな人は、広大な美しいガ…
  • 何を残して何を捨てるか

    部屋の中に物が散乱していると落ちつかず、整理をするのは私の趣味のようになっている。学校の黒板の横に、整理整頓の紙が貼ってあったのをよく見ていたせいかもしれない。思ってもいなかった事にそうぐうし、どうし…
  • 黄色い鳥は幸せの鳥?

    子供の時、突然セキセイインコが家の中に飛び込んできた。母は幸せが飛んできたと大喜びして、弟と私もうれしくて人なつこいインコを飼うことになり、父は慌てて鳥かごを買いに行った。 …
  • 片貝の花火

    母は新潟県で生まれ育ち、7人兄弟の末っ子で親戚が多く、私が子供時代の夏休みは毎年新潟に行きました。母は3人の姉と仲が良いことから、私は多くのいとこと近くの公園、山、川、田んぼへ行って一日中遊びました。…
  • 日本と韓国の歴史を振り返る/第29回「植民地統治の後期」

    思想的に朝鮮民衆を日本に同化させる政策も大々的に進められた。1925年10月15日には、京城(ソウル)に朝鮮神宮が竣工した。祭神は天照大神(あまてらすおおみかみ)と明治天皇だった。 …

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る