カテゴリー:ライフ

  • 韓国語の会話には「様(ニム)」がやたら出てくる

    韓国ドラマを日本語の吹き替え版で見ると、ちょっと違和感がある。韓国語の敬語がかなり省略されているからだ。このように、韓国語の敬語は日本語の吹き替え版では、こまかく表現できないのである。 …
  • 韓国で自転車をあまり見かけないのにはどんな理由がある?

    たとえば、ソウルの街を歩いていて感じるのは、「自動車が右側通行」「道路が広い」「坂が多い」といったことだ。さらに、注意深く見ていると、自転車に乗っている人をあまり見かけない。そこが日本の各都市との大き…
  • なるほど!光海君(クァンヘグン)の記事一覧

    朝鮮王朝の15代王・光海君(クァンヘグン)に関する記事の一覧を掲載します。光海君は14代王・宣祖(ソンジョ)の二男として1575年に生まれました。1608年に即位しましたが、1623年に廃位となり、1…
  • 今の韓国ドラマなら『トッケビ』を絶対見たい!

    韓国ドラマには生と死、輪廻転生を扱った作品が数多くあります。『屋根部屋のプリンス』『私の期限は49日』『帰ってきて ダーリン!』など、挙げればきりがありません。『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』もそ…
  • 愛と別れの恋愛博物館〔第3回〕

    チャールズ皇太子とダイアナ妃/全世界7億5千万人が見たロイヤル・キス ロンドンが最も熱狂した日 その日はまるで中世の祭日にタイムスリップしたような1日だった。 1981年7月29日、午前10時半。海軍中…
  • 愛と別れの恋愛博物館〔第2回〕

    グレース・ケリーとレーニエ大公/王妃になったシンデレラ女優 仕組まれた出会い 古き良き時代のおとぎ話では、王子が見そめる相手はきまって、ひっそりと暮らす控え目な女性であった。美貌の持ち主であっても虚栄心の強い…
  • 愛と別れの恋愛博物館〔第1回〕

    エドワード8世とウォリス・シンプソン/王位を捨てる恋 礼儀知らずの婦人 午餐会に出席していたすべての招待客が、アメリカの婦人の無礼に眉をひそめた。 「アメリカ人は、王室に対する礼儀を知らないから困るわ」…
  • 浅草を気ままに歩く(後編)

    浅草寺の本堂の左側の掲示板をふと見ると、黒い板に白抜きで書かれた表示板があり、主要な行事が列挙されている。朝座は四月一日から九月三十日までが朝六時からで、十月一日から三月三十一日までは朝六時半から。昼…
  • 浅草を気ままに歩く(前編)

    東京を代表する観光名所の浅草寺。今は外国人観光客も多く、境内は毎日にぎわっている。そんな浅草寺をブラリと訪ねてみた。人がこれだけ集まるのには、それだけの理由があった。 仲見世の賑わい [capti…

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る