これが抗酸化に最適なスキンケア!

 

アンチエイジングに重要な抗酸化成分。前回は食品&ハーブについて話しましたが、今回はスキンケア。内からも外からも、この悩ましいエイジングに向かって戦いましょう!

トマトにはリコピンが豊富に含まれている

まずはリコピン!

最近では環境汚染に注目したスキンケアも発売されていますが、実際に紫外線や環境汚染からお肌を守る必要があります。
毎日のお手入れに、日焼け止め、抗酸化成分のセラム、クリームなどを加えるのはとても大切です。特に注目したい5つの成分をピックアップしました。




1.リコピン
カロテンの一種であり、トマトやスイカなどに多く含まれる赤色色素で有名なリコピン。美白効果や肌がキレイになると言われています。
リコピンはアンチエイジングの大敵である活性酸素を除去し、肌にダメージを与える紫外線から肌を守り、みずみずしい肌を保つように保水機能を高めます。
また、エイジングで日々減っていくと言われている「コラーゲン減少」に対して抑制効果もあり、シワを予防する事も判明しています。
ぜひ、クレンジングにオススメです。(ページ2に続く)

これが抗酸化に最適な食品&ハーブ!

スーパーフードのモリンガ!韓国でも大人気

カラーフード!カラダにも良いキレイ色の野菜&フルーツ

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る