李芳遠(イ・バンウォン)は太宗(テジョン)となっても継母を恨んだ

 

朝鮮王朝を建国した李成桂(イ・ソンゲ)には2人の妻がいた。朝鮮王朝は一夫一婦制だが、李成桂が生まれ育った高麗王朝時代は一夫多妻制だったので、2人の妻を持つことが許されたのだ。李成桂が初代王になって故郷にいた第一夫人は神懿(シヌィ)王后となり、都にいた第二夫人は神徳(シンドク)王后となった。

誰を世子にするのか

李成桂(イ・ソンゲ)の息子は8人だった。
神懿王后から6人、神徳王后から2人の息子が生まれていた。
この中で、李成桂は誰を世子(セジャ/王の正式な後継者)にするのか。




年長だった神懿王后の息子たちから選ぶのが常識だった。特に、神懿王后の五番目の息子の李芳遠(イ・バンウォン)は、父の政敵を排除して王朝の創設に一番貢献していた。実力も十分にあって、世子にふさわしかった。
しかし、仰天すべきことが起こった。神徳王后の二番目の息子だった李芳碩(イ・バンソク)が選ばれたのだ。
そのとき、わずか10歳だった。25歳の李芳遠と比べると、まさに「鼻たれ小僧」であった。
なぜ、こんなことが起こったのか。李成桂は、寵愛する神徳王后に懇願されて断れなかったのだ。(ページ2に続く)

李成桂(イ・ソンゲ)はこうして初代王の太祖(テジョ)になった

朝鮮王朝最高の名君だった世宗(セジョン)

トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

ページ:

1

2 3

関連記事

注目記事のエッセンス1

記事「初心者でも大丈夫!おいしいキムチの作り方」

白菜は、塩漬けしたものを用意する。自宅で漬ける場合は、大きめのボールに入れた白菜の根元にまんべんなく塩を入れ込み、呼び水となる薄めの塩水を下に引いておく。呼び水を入れる理由は、日本の白菜は水分が少なめだからだ。
そして、重石をのせて一晩寝かせる。翌日に白菜の塩水を捨てながら、塩加減を調整していく。日本のおしんこより塩味が少し薄いくらいがちょうどいい。
また、面倒なときは、白菜の塩漬けを買ってくるという方法もある。
さらに、キムチ作りに欠かせないのが味の決め手となるヤンニョム。これをつくる際は、ごはんを入れることが大事なポイント。ごはんは糊の役目を果たし、キムチ全体にとろみを出してくれる。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。
そのチーズも2種類というのが基本。1つはモッツァレラチーズで、もう1つはチェダーチーズである。鉄板の中央に2種類のチーズがたっぷり載せられている光景は、まさに圧巻である。

ページ上部へ戻る