韓国ではなぜ真冬に冷麺を食べるのか

 

韓国の現在の食文化は、ほぼ朝鮮王朝時代にできあがったものだ。中でも支配階級だった両班(ヤンバン)の食文化と王室の食文化が強く影響している。当然のように、朝鮮王朝の支配理念である儒教の影響が目立つのが韓国の食文化だ。




「陰」と「陽」

儒教というと、家父長的で権威的、また男尊女卑という断絶した関係を作るイメージが強いが、実は調和を大事にする理念である。それぞれが自分の役割をこなしながら、お互いを立てて調和することによって世が平和になり、すべてが円満になるというのが儒教の理念だ。
ただ、それが確立されて用いられた時代が、人は誰もが平等という概念すらなかった時代だったために、上下を作り、その上下の関係の中でそれぞれが自分の立場をわきまえることを強いられた。それによって「調和を求める」という形になったのだ。
調和を追求するという儒教の理念はそのまま食文化にも影響を与えた。人間のからだも調和を保たないと崩れてしまうと儒教は考えていた。その調和を維持するためには「陰」と「陽」のバランスを大事にした。
もともと、陰陽の理論は儒教だけのものではない。儒教と同じく中国の春秋戦国時代に発生したそれぞれ独自の学問だったものが、後に儒教の一部に取り入られ、朝鮮王朝の建国とともに支配階級の重要な理念になった。




陰と陽はよく知られたように宇宙を構成するもっとも基礎になる2つの要素で、温度にすると熱さと冷たさ、時間にしては昼と夜、季節では夏と冬、人では男と女に例えられる。人のからだも同じく熱さと冷たさをほどよく交えて、ちょうどいいバランスを保つときがもっとも健康的な状態だという。
自然の一部である人間のからだもまた、陰陽がバランスよい状態にならなければならず、そのバランスが崩れると病気になると思われた。つまり、陰陽のバランスをどう保つかが朝鮮王朝の人たちの健康法だったのだ。
韓国では医食同源という言葉をよく使う。食べ物は薬と同じだという考え方だ。
(ページ2に続く)

ワカメスープこそ韓国のソウルフードだ!

飲みすぎた身体を立て直す海鮮チヂミを作ろう

寒い時期こそホッカホカのカムジャタンを簡単調理で作ってみる!

チーズがたっぷり入ったプデチゲが旨い!

キムチを入れるとチーズタッカルビが本当においしい!

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る