韓国で自転車をあまり見かけないのにはどんな理由がある?

 

たとえば、ソウルの街を歩いていて感じるのは、「自動車が右側通行」「道路が広い」「坂が多い」といったことだ。さらに、注意深く見ていると、自転車に乗っている人をあまり見かけない。そこが日本の各都市との大きな違いだ。ソウルだけではない。韓国ではどの都市に行っても自転車が少ない。その理由は?




自転車に不向きな大都市

韓国では自動車の多さと比べて、自転車に乗る人が少ない。
その理由は、交通事情が関係している。
経済発展にともない、韓国は完全に自動車優先の社会を築いてしまった。それゆえ、自転車が街を走るのはとても大変なのだ。
何よりも、大通りになると横断歩道が少なくなっている。この場合、自転車の走行を想定していない通りが本当に多い。
車道の下に作られた歩行者用の地下道も、入口には階段しかない場合が多く自転車は通れない。
また、歩道も自転車の通行を想定していない。
このように、韓国では自転車の走行に向いていない通りがあまりに多すぎる。
さらには、地形の問題がある。




ソウルは特に起伏の激しいところで、街のいたる所に坂がある。このため、ソウルを自転車で移動しようとすると、かえって歩くより疲れたり時間がかかったりする。
わかりやすくいえば、ソウルは自転車に不向きな大都市なのだ。それゆえ、出前もみんなバイクで行なっている。
(ページ2に続く)

ドラマの主人公は現実離れしているほうが魅力的!

韓国の芸能界で不祥事が多くなってきた原因とは?

芸能人が不祥事を起こさないために必要なことは?

韓国のテレビ局はどんな経緯で3大地上波になったのか

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る