奇皇后の波瀾万丈の人生!

 

中国大陸を支配した元によって13世紀に占領された高麗王朝は、以後、元に服従せざるをえなかった。元は多くの貢ぎ物を高麗王朝に要求した。その1つが、「貢女(コンニョ)」だった。多くの女性を差し出せということだ。

元に渡った奇皇后

貢女の要求は過酷だった。
困った高麗王朝は、貢女を出す家には十分な報酬を出すことにした。それでも応じる人はおらず、仕方なく、罪人や奴婢の妻や娘たちを強制的に集めた。それは、本当に悲しい歴史だった。
そんな中で特殊な例だったのが奇皇后だ。彼女は、下級官僚の奇子敖(キ・ジャオ)の娘で、大変な美人だった。
その奇皇后が元に渡ったのは1333年と推定される。彼女の美貌を利用しようとしたのが、高麗出身の宦官(かんがん)だった高龍普(コ・ヨンボ)だ。奇皇后を皇室付きの女性として推薦することで、立場を強くしようと考えたのだ。




事実、12代皇帝トゴン・テムルは奇皇后に惚れ込み、すぐに彼女を側室にした。
嫉妬したのが、トゴン・テムルの正室のタナシルリだ。
彼女は奇皇后に敵意を抱いた。
タナシルリは元の重臣のエル・テムルの娘だった。それで正室になれたのだが、トゴン・テムルとエル・テムルが厳しく対立するようになると、タナシルリの立場も危うくなっていった。
ストレスが強くなったタナシルリは、奇皇后を執拗にいじめた。鞭で叩いたり、熱した焼きごてを肌にあてたり……。
(ページ2に続く)

燕山君(ヨンサングン)と中宗(チュンジョン)!王朝を混乱させた2人の王

『七日の王妃』の端敬(タンギョン)王后はなぜ復位できなかったのか

貞明(チョンミョン)公主!苦難を乗り越えて大地主になった王女

張禧嬪(チャン・ヒビン)!側室に転落した王妃

即位してから評判が最悪だった仁祖(インジョ)!

悲劇の三大世子!昭顕(ソヒョン)世子・思悼(サド)世子・孝明(ヒョミョン)世子

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る