すぐに始めたい!ヘルシーに焼肉を食べる方法(再読版)

 

たとえば、友人と一緒に焼肉店へ行ったとしよう。韓国料理をよく知らない人は、焼肉店へ行っても「タン塩だ、カルビだ、ホルモンだ」と肉だけを食べ、さらに生ビールをガブガブと飲む。そうして「やっぱり韓国料理はうまいね」と頷いているのが普通のパターンではないだろうか。これではあまりにも肉料理に偏りすぎていて、健康的な食生活とは言えない。それでは、一体どうすればいいのか。ここでは、もっとヘルシーな焼肉店活用法を考えてみよう。

最初はナムル

まず、焼肉店へ行く。
メニューをひと通り見回してみるが、すぐには肉を頼まない。肉以外にどんな料理があるかをチェックする。
野菜、惣菜、スープなどのメニューが充実しているかがカギだ。それらの品目が貧弱な焼肉店はなるべくパスしよう。肉が美味しいと同時に、肉以外のメニューも盛り沢山な店こそが重宝する価値があるのだ。
そんな店を選んだら、最初は決まり文句のようにナムルを頼む。
これは、豆モヤシ、ほうれん草、人参、大根、ゼンマイなどのあえ物の盛り合わせである。野菜を採るには最適なメニューだ。




このナムルにキムチを加えて最初はビールのつまみにする。さらに、韓国風冷や奴があれば、これも頼んでみる。
肉はまだ早い。
慌てることはない。最初に前菜を堪能する。ナムルが美味しければ、さらにナムルを追加してもいい。
(ページ2に続く)

秘伝!自家製「焼肉のタレ」の作り方

キムチを入れるとチーズタッカルビが本当においしい!

チーズがたっぷり入ったプデチゲが旨い!

寒い時期こそホッカホカのカムジャタンを簡単調理で作ってみる!

飲みすぎた身体を立て直す海鮮チヂミを作ろう

ページ:

1

2 3

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る