『オクニョ』の史実!文定(ムンジョン)王后が明宗(ミョンジョン)の命を縮めた

 

NHK総合テレビで放送された『オクニョ 運命の女(ひと)』。このドラマには文定(ムンジョン)王后と明宗(ミョンジョン)という親子が出ていたが、史実の上で、2人の関係はどういうものだったのだろうか。




庶民の不満が爆発

11代王・中宗(チュンジョン)と文定(ムンジョン)王后(中宗の3人目の正室)の間に生まれた王子が明宗(ミョンジョン)だった。彼は1545年に13代王として即位した。
もともと、明宗は学問を好み性格も温和だった。
しかし、即位したときはまだ11歳だった。
王が未成年の場合は、王族の最長老女性が代理で政治を仕切ることになっていた。その摂政に該当したのが、当時は文定王后だった。
こうして朝鮮王朝の実権は文定王后に握られた。
文定王后は、敵対勢力への迫害を続けながら自分たちの力を強化していった。その結果、国政が乱れ、庶民は不満を募らせていった。
そうした不満が爆発して事件が起こった。
漢陽(ハニャン/現在のソウル)郊外の壁画に、「上では、女が王の上に立って権力を握り、下では、奸臣たちが権力を悪用してやりたい放題。このままでは国が滅亡してしまう。恐ろしいことだ」という落書きが書かれていた。




この出来事に文定王后が怒った。
「これを書いた犯人は誰だ! 絶対につかまえよ」
当時、文定王后の弟の尹元衡(ユン・ウォニョン)が姉の威光で権力を手中にしていた。彼は悪女として有名な鄭蘭貞(チョン・ナンジョン)と組んで、様々な捏造事件を起こしていた。
(ページ2に続く)

ついに最終回!『オクニョ』が描く時代背景はこうなっていた

『オクニョ』で強烈な悪女として描かれた文定(ムンジョン)王后!

『オクニョ』を通して朝鮮王朝の制度と王家の何がわかったのか?

『オクニョ』の悪徳夫婦の最期はドラマと違って史実ではどうだった?

最終回が間近の『オクニョ』で一番の悲劇をこうむった人物は?

まもなく最終回の『オクニョ』に登場する「史上最悪の夫婦」とは?

ページ:

1

2 3

関連記事

ピックアップ記事

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。彼女は、ドラマで描かれたような女性ではなかったのではないだろうか。そして、張禧嬪のほうは、伝えられているような悪女ではない一面も見えてくるのだが‥‥。

注目記事のエッセンス2

記事「チーズタッカルビは新大久保でなぜ人気があるのか」

そのままでも高い人気を誇ってきた「タッカルビ」。それにチーズを多めにからませるという斬新な発想から出来上がったのがチーズタッカルビだ。
新大久保の韓国レストランに行って、実際に食べてみよう。
焼き上がったタッカルビが鉄板の両脇に並べられ、その中央にチーズがたっぷり置かれているのが、典型的なチーズタッカルビだ。

ページ上部へ戻る