粛宗(スクチョン)の母が張禧嬪(チャン・ヒビン)を王宮から追い出した!

 

1680年、張禧嬪(チャン・ヒビン)が女官として宮中に入ってくると、その美貌がたちまち評判となって粛宗の目にとまった。そのとき、粛宗が19歳で、張禧嬪が21歳になっていた。

我が子の将来のために

粛宗の母の明聖(ミョンソン)王后は張禧嬪を毛嫌いした。美貌に隠された野心を見抜いたからである。
「あの女は良からぬことを考えている。宮中にこのままいさせてはならぬ」
明聖王后は、粛宗が張禧嬪に心を奪われていることが我慢できなかった。我が子の将来を憂い、その元凶となりそうな芽は早めに摘んでおきたいと考えた。




当時、粛宗の正室は仁顕(イニョン)王后だった。
明聖王后は仁顕王后に言った。
「あの女は毒々しくて悪だくみをしそうですよ。主上(チュサン/王のこと)が最近感情の起伏が激しくなってきたけれど、もしあの女にそそのかされているのならば、国家にとってもわざわいです」
ここまで明聖王后は張禧嬪を嫌悪していたのである。
(ページ2に続く)

決定版!朝鮮王朝を揺るがせた「5人の悪女」

大妃(王の母)になって極悪人と化した「3人の巨悪王妃」とは誰か

傑作時代劇で知られる超有名な「5人のヒロイン」とは?

理不尽な仕打ちを受けた「悲惨な五大王妃」とは?

朝鮮王朝で業績を残せなかった「5人の国王」とは誰か

国王になれなかった「悲劇の五大世子」とは誰か

ページ:

1

2 3

注目記事のエッセンス1

記事「トンイは張禧嬪(チャン・ヒビン)より悪女なのか?」

ドラマ『トンイ』は日本でも大人気を博した。トンイを演じたハン・ヒョジュの魅力もあって、トンイがいかにも明るくて純粋な女性のように描かれていた。一方の張禧嬪は、朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられて、悪女の代名詞になっている。しかし、本当の悪女はどちらだったのだろうか。史実を見ていくと、トンイの別の顔が見えてくる。

ページ上部へ戻る